So-net無料ブログ作成
検索選択

選手が短歌に挑戦! [事業部]

こんにちは、事業部です。

3月25日(日)新潟戦のスタジアムイベントは「花見だヨ 全員集合!」。
お花見気分を盛り上げる様々なイベントを開催します。
そこで・・・花といえば歌!ということで、ファン、サポーターの皆さんから、サッカーをテーマにした短歌を募集します。

「でも、短歌なんて作ったことないし・・・」
そう、そうですよね、スタッフたちもそう考えました。そこで去る3月2日、歌人・天野慶さんを先生としてお迎えし、短歌の作り方を教えていただきました。
短歌教室を受講したのは、石櫃選手、田鍋選手、佐藤選手、水野選手、高原選手の新加入選手5名。
もちろん全員、はじめての短歌体験です。

IMG_4222.JPG
「短歌のルールはたった一つ。五・七・五・七・七」になっていることだけです。サポーターのみなさんに自己紹介するつもりで短歌を作ってみましょう」と天野先生。
「1首全部自分で作るのもいいですが、”付句”といって、予め決まっている下の句(七・七)に上の句(五・七・五)を作る方法もあるんですよ」

ということで選手たちは、サッカーをテーマに、「短歌」または「下の句が『思い出したら乗り越えられる』の付句」にチャレンジすることになりました。

IMG_4209.jpg
「最初から五・七・五・七・七に当てはめるより、まずは詠みたい内容を決めた方が作りやすいですよ」と先生にアドバイスをいただき、さっそく取り掛かりはじめた石櫃選手、佐藤選手。

IMG_4230.jpg
長女が天野先生のお子さんと同い年とわかり、意気投合した石櫃選手。そのおかげか(!?)、さっそくいいアイデアが浮かんだようです。

IMG_4226.JPG
一方、田鍋選手、水野選手、高原選手は「うーん」と考えこんだまま。早くも諦めモードか!?と思われたその時、「昔、電気のなかった時代は遊ぶことがないので、2チームに分かれて短歌の勝負をしたんですよ」と天野先生。
選手たち、”勝負”と聞いて目つきが変わりました。

IMG_4204.jpg
真剣な表情でペンを走らせる石櫃選手と佐藤選手。

「まずは一つ、入れるサッカー用語を決めましょう。自己紹介なので、自分の特徴を入れるのもいいですね」という天野先生からのパスを受け、石櫃選手から田鍋選手に「じゃあお前は”がにまた”だな!」とピンポイントのクロスが上がりました!
IMG_4239.jpg
それを受けた田鍋選手、すっかり自分の世界に入って創作中です。

IMG_4282.jpg
早々に1首完成させた佐藤選手は、もう1首作りました。そしてできた短歌を、色紙に清書します。

突然、「きたー!」と田鍋選手の声が。短歌の神が降りてきたようです。
IMG_4291.jpg
そしてあっという間に作り上げた作品を、先生に見てもらいます。いったい”がにまた”からどんな短歌ができたのでしょうか・・・!?

IMG_4262.JPG
一方、まだまだ神が降りてこないらしく頭をかかえる高原選手。

IMG_4236.jpg
水野選手のメモにはアイデアがどんどん書き込まれている様子。

IMG_4312.jpg
ふと高原選手に目を移すと、もくもくとペンを走らせています。


5選手それぞれのペースで、でも全員が初めての短歌に前向きに取り組み、オリジナルの歌を作りました。
完成した作品はこちら!

IMG_4302.jpg
右サイド オレの仕事場 走りきる クロスボールでゴールを目指す   石櫃 洋祐

IMG_4323.JPG
がにまたでゴールに向って点を取る その点数でチームの勝利   田鍋 陵太

IMG_4304.jpg
好きなもの 友の応援 勝利の味 思い出したら乗り越えられる!   佐藤 和樹
諦めず努力をしたら”夢”叶う 僕はそうやってここまで来ました!   佐藤 和樹

IMG_4318.JPG
パス散らし ここぞという時キラーパス どんな動きも逃しはしない   水野 泰輔

IMG_4316.jpg
ゴール前 みんなを沸かすドリブラー そんな選手に私はなりたい  高原 幹


どの選手の短歌も、プレーの特徴や個性がよく表れた「自己紹介」になったのではないでしょうか。
IMG_4329.JPG
天野先生からも「みなさん、とてもよく作れています。それに、さすがはプロの選手。集中力がすごいですね!」とお褒めの言葉をいただきました。


最後に天野先生から、これから「サッカー短歌」にチャレンジする皆さんへのヒントをいただきました。
●入れるサッカー用語を一つ決めましょう。
「高速ドリブル」など好きな技、「楢﨑選手」など好きな選手の名前、「スタジアム」「オフサイド」といったサッカー用語など。
日本語の単語は、そのまま、または「の」「が」「は」などを付けると5音または7音になる単語が多いです。文字数が合わない場合は、単語の順番を変えてみましょう。
●好きな選手を応援する短歌を作ってみましょう。
●5選手が作った歌の感想を短歌にしてみましょう。(ちなみに、短歌に短歌でメッセージを返すことを「返歌」といいます!)


天野先生の歌はこちらです。
櫃(ひつ)まぶし名物の街にやってきた石櫃選手に名古屋が似合う   天野 慶
友でありライバルであるヤツの顔 思い出したら乗り越えられる   天野 慶


ぜひ皆さんも、試合を前に想いを短歌に込めて、和の心とグランパスへの愛をより深く味わってみてください!
短歌募集の詳細はこちらからご確認ください。
豪華賞品もご用意していますので、たくさんのご応募をお待ちしています!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。